最新のお知らせ

ジャグラーホール内現実論(考え方&見方)

ジャグラーホール内現実論(考え方&見方)

ジャグラーホールでの実態と事実、現実論

ホール内で常に冷静に

判断できる事って以外に難しいと思います。

何故なら、お金がかかってるからです。

負けてると、更に我を忘れ、アツくなりませんか?

私もそうです。

我を忘れてる時こそが

最大に負ける状況を自ら生み出しています。

ホール内は魔物がいるって思っても

過言では無いでしょう~

魔物は他のお客さんでもあり、

特にハイエナされた後に

出されたら、頭に血が上りませんか?

もう少し、後1000円回していたら‥‥

又、横目でチラホラ

光った光景を見れば

ボーナスが揃うまで、ガン見され、

バケだと「二ヤッテ」て笑われ

打つペースが狂わされたり…

遠くで打ってるくせに、視線を感じたり・・・

色んな状況がホール内ではあります。

教科書通りに行かない事がホールでの実態です。

更に、いくらぶん回しても、

光らない時は光らない。

設定のせいにしてしまいがちですが、

客入りにより、

台の稼働状況が周期的に悪かったりして

簡単に勝利の女神と

お目にかかることもできないのも

事実では無いでしょうか?

ホール内で現実に目を向けて見れば、

予測できない、

メンタル要因が自分に圧し掛かることもあり、

理想通りに展開出来る事の方が

少ないのでは無いでしょうか?

1日回せる回転数ではまりと連チャンどちらが多い?

以外に意識されて打ってる方も

少ないとも感じますが、

それ位は‥‥なんとなくわかるが…

解ってる様で、

意識しながら打つてる人は少ないと思います。

裏を返せば、すでにレバーを叩きながら

熱くなってると言う裏付けでは無いでしょうか?

例えば7連でも5連でも何でもいいのですが、

連チャンで引き当てた回転数を意識されてますか?

例えば…

  • 1回目が24回で光る。
  • 2回目が55回。
  • 3回目が87回。
  • 4回目が34回。
  • 5回目が90回。

この回転数を足し算すると…

24+55+87+34+90=290回転です。

そして、連チャン後ははまりが相場ですね。

200回転前後で光ればいいのですが、

300回転で光らない。

この様なケースは当然と言えば当然です。

従って、一時の快楽(連チャン狙い)を求め、

やっと引き当てた連チャンが

290回転と言うゲーム数で終わり、

その後のはまりから、又連チャンを掴むまでに

何回転回す事でしょうか?

たった1回の連チャンの為に、

実ははまりを打ってる時間の方が長いし、

多くレバーを叩いてる現状です。

この様に考えると、

連チャンとはまりは

1日回せる限界の回転数の中で、

どちらが多いのでしょうか?

シュミレーションして見ましょう~

例えば12~3連した。

平均70回で光ると仮定したら・・・

70×13=910回転

次にはまり400回転、嫌500回転。

ここで光り連チャンすればいいのですが…

ここで光らない場合更にはまり300回転。

まだ光らない・・

やっと160回転でバケ。

連チャンしない…

更にはまり600回転。

ここだけでも、

500+300+160+600=1560回転。

普通にホール内でよくある光景ですよね。

連チャンの総回転数=はまり回復する回転数では無い。

この様な簡易な法則が考えられませんか?

この場合連チャンで910回転。

次に910回転回せば

連チャンするなんて事はほぼありません。

仮にいい波の状況下であれば、

13連しても、910回転を意識せずに

200回転~300回転もしくは400回転蔵で

又連チャンしますよね。

これはいい波の状態ですから、

大勝コースですが、

通常、はまりを打ち込んでる回転数の方が

多い現状です。

そう考えると、

一時の快楽(連チャン)の為に

はまりを避けたい所ですね。

「ペカ道場」をもっと知りたい方へ

CTA-IMAGE ペカ道場へ興味持たれ、学んでみたいとお考えの方はこちらの公式サイトで参加をお待ちしています。

情報&雑談カテゴリの最新記事