最新のお知らせ

ジャグラーデーターで何が大切なのか?見るポイントセミナー。

ジャグラーデーターで何が大切なのか?見るポイントセミナー。

ジャグラーファンの皆さんは

ジャグラーを

打つ前、打ってる時、打った後。

この辺りのデーターを観察され、

自分なりの尺度で解釈してると思います。

今日は、どんなポイントを見て、

そのポイントをどう料理して、

ジャグラーの実戦に生かせるか?

この3つのポイントで

必要なデーターと

重要視しなくていいデーターを見極めるコツを

書いてみたいと思います。

 

必要でない(重要視しないでいい)データーとは?

その前にデーターと言えども、

既に過去のデーター、

現在進行系のデーターと2種類あります。

どちらが大切でしょうか?

過去のデーターは打ち始め、終了時と重なりますね。

実戦で、今台に座ってる状態で見る

データーカウンターのデーターは生きた今の情報源ですね。

どちらが大切なのでしょうか?

深く考えた事ない方も多いのでは無いでしょうか?

データーは、残った事実ですが、

今見てる状況下での結果と言う答えです。

結果から見た上で、

最終的にジャグラーで勝利を生むために

結果だけを見て判断でなく

噛みしめる行為が必要です。

つまりまな板の上で料理作業ですね。

過去も、現在進行形のデーターも同じです。

今、台に座ってカウンターを見ながら

呆然と見るのでなく、

表示されてる数値を料理しながら

予測立てる為に必要となるのが

今現在のデーターカウンターのデーターです。

そして重要視しなくていいデーターですが、

  1. 単独BIG確率
  2. 単独バケ確率
  3. スランプグラフの0地点
  4. 1か月分のデーター
  5. 当日のボーナス回数

結論から言いますと「そんなの関係ね~」です。

この辺りですね。

見る方によっては「嘘でしょ」と

言いたくなると思いますが、

特に単独ボーナス確立等見ても

その確率通りにボーナスは光ってくれません。

悪魔で、結果という事で、

今の状態を表示してるに過ぎないのです。

この様な理由から重要視する必要性は無いのです。

大切なデーターって?

結論から言いますと、

  1. 総回転数
  2. 合成確立
  3. ボーナス回数
  4. スランプグラフの頂点
  5. 履歴
  6. 棒グラフ

この辺りでしょうか?

データーを観察するだけでなく

噛みしめて料理方法が必要です。

参考に比較するためのデーター

  1. スランプグラフ
  2. 履歴
  3. 棒グラフ

何故比較が大切か?

過去と現在を相対的に比べられて、

ジャグラーの動きの目途を立てれるからです。

但しスランプグラフはつなぎ合わせても予測は出来ません。

グラフは過去の産物です。

スランプグラフから得れるポイントは

今打ってる状態の中で

最高にコインを払い出した位置の確認が出来る事。

次に、

はまりの後の連チャンが

はまりの下りラインの長さを超える事が出来るか?

この2点です。

スランプグラフは比較しながら先を読むことが出来ます。

この様な活用をすれば、

データーと言う証拠を噛みしめ料理できますね。

次に履歴と棒グラフですが、

同じ内容ですが、

棒グラフは、はまりと連チャンを比較しやすいから

見やすいという利点。

履歴は過去この様な動きだったと言う結果表示ですが

よ~く見て下さい。

履歴から抑えるポイントが

ヒントとして見えてきます。

答えは簡単な事ですが、

ジャグラーの過去の動き方を見て

今と比較する作業です。

今と過去は繰り返され周期となっています。

この洞察力が大切な勝利へ導いてくれます。

タダ、履歴を見て

「今はまってるから…」

「ひどいはまり方をしてる…」

「連チャン終わったばかりだ」

この様な感じて見過ごしていませんか?

今と過去は繰り返され周期となっています。

要するに噛みしめてないと

見逃してる事と同じなのです。

履歴から

  1. 考察して
  2. 予測を立て
  3. 狙いを定め
  4. 挑戦する(打つ)

ジャグラーデーターで何が大切なのか?

まな板の上での料理作業はいくつかの

データーを重視しながら

 

分析と予測と比較、行動力がポイントです。

「ペカ道場」をもっと知りたい方へ

CTA-IMAGE ペカ道場へ興味持たれ、学んでみたいとお考えの方はこちらの公式サイトで参加をお待ちしています。

セミナーカテゴリの最新記事