最新のお知らせ

パチンコ基礎知識、パチスロスロット専門用語集

パチンコ基礎知識、パチスロスロット専門用語集

パチンコ、パチスロの専門用語集です。

パチンコ、スロットを打っていて

解らない用語(意味不明)等

耳にしませんか?

初心者なら尚更ですね‥

ツイッターでもよく1Kで何とか…と言う

ツイートも見かけます。(昔は無かったと思います)

ここでは、パチンコ、スロット基礎知識として

今まで知らなかった業界用語をまめて見ましたので

参考にして下さい。

 

あ行

1G連
ボーナス後、1Gで連チャンすること。
1パチ
1円パチンコの略。通常は1玉4円で貸し出すところを、1玉1円で貸し出す営業形態のこと。少ない資金で長い時間遊びたい時に向いている。
1回交換
パチンコは確変終了(単発時含む)で、パチスロはボーナス終了で出玉を交換する営業形態。
1確目
リールを1つ止めただけで、ボーナス成立が確定するリーチ目のこと。有名な1確目は左リール3連ドン(ドンちゃんシリーズ)だ。
ANY
「ANYTHING」の略語。つまり何が停止しても問題なしという事。リーチ目や打ち方の紹介などで使われる。
ART
アシストリプレイタイムの略。ATとRTが同時に進行する機能のこと。
AT
アシストタイムの略。通常時には配列上目押しではカバー出来ない小役をナビし、誘導してくれる機能の事。
RB
REGLAR BONUS(レギュラーボーナス)の略。一般的にBIG BONUSに比べて獲得枚数が少ない。REGと表記されることも。
RT
リプレイタイムの略。特定ゲーム数の間、通常時よりもリプレイ確率が大幅にアップする機能のこと。コインをほとんど減らさずにプレイすることが可能。
ST機(パチンコ)
規定回転数だけ確変となるタイプ。たとえばST5ならば開始から5回転だけ確変状態となり、大当り確率がアップする。
おやじ打ち
目押しを行わず適当にストップボタンを押す事。ただし、現在はほぼ使われていない。
お座り一発
通称オスイチ。台に着席した直後に大当りなどを射止めることを指す。
お気に入り台
最近気に入っている機種。収支より愛を優先させてしまう様を指す。
イベント
ホールがお客を呼び込む為に催す企画の事。代表的なモノで「海の日」「レディースDAY」などがある。
ウェイト
2号機の法改正から次回リール回転時より4.1秒間たたないと回らない事になっているのだが、その間の事を指す。
ウエイト
1Gの遊戯時間は規定により決められている(4.1秒以上)。そのため前ゲームのレバーONから4.1秒経過する前にレバーONしてもリールは始動しない。その際のレバーONしてからリールが始動するまでの時間のことを指す。

オカルト
理論的根拠がないこと=オカルト攻略法
オバケ
REGボーナスの俗称。「バケ」と呼ぶこともある。
一発台
現在では規制により禁止されてしまった「大当り穴に一度でも入ればOK」と言う機種
一発告知演出
パチンコやパチスロの機能。読んで名の如く一発で大当りが分かる演出。古くはハンドルが震えたりもした。突然来るので結構ビビる
一般台
パチンコ台のジャンルの1つで、役モノ内のVゾーンに玉が入ると大当りとなるタイプ。羽根モノ・平台とも呼ばれている。
一般電役
パチンコのジャンルの1つ。今では絶対数は少なくなりデジパチとの堺も難しくなった。今の機種は難しい打ち方はあまり必要ない。玄人好み
余り玉
景品数が100円に満たない場合の出玉の余りを指す。貯玉機能があるホールでは預ける事ができ、次回に持ち越す事が出来る。
命釘(ヘソ)
スタートチャッカー上部の2本の釘のこと。回転率に影響する重要なポイント。2本の釘が開き上に向いているのが良い。
営業形態
出玉に関してホールが決めたハウスルールのこと。1回交換・ラッキーナンバー(LN)制・無制限・定量制がある。
大当り
機種ごとに定められた確率に当選する事。出玉を得たり、内部が確変状態に移行したりする。
大当りカウンター
スタートチャッカーに入賞した玉が当りかハズレかを判定するシステム。
打ちかえ
設定を現在の設定と異なる設定に変えること。
打ち直し
設定を現在の設定と同じ設定に設定し直すこと。機種によっては設定し直すことにより高確スタートするなどのメリットもある。
押し順
リールを停止させる時の順番で、「順押し」「ハサミ打ち」「逆押し」などがある。
朝一出目
台の電源を入れた時に出る最初の出目。三洋の海物語シリーズなら3・4・1。
朝一確変ランプ
電源投入時に内部が確変状態の場合光るランプの事。点灯台はチャンス!
沖スロ
もともと沖縄県向けに作られた沖縄スロットの略称。使用するメダルが普通のマシンのメダルが直径25ミリに比べ、沖スロは30ミリと大きい特徴を持つ。
海物語
誰もが知ってるキングオブパチンコ!突如カリブ海に行ったり、沖縄に行ったりと忙しい日々を過ごすマリン&サムの物語。マリンちゃんはエラ呼吸説アリ
液晶搭載機
演出用の液晶モニタを搭載している機種。
甘デジ
初当り確率が1/100程度のデジパチ。別名羽根デジとも呼ぶ。

絵柄
パチンコやパチスロのリールに色づいている絵。図柄との同義語。パチンコの中にはドット調のモノも存在する。パチスロは目押しによりある程度止める所を狙えるがパチンコでは不可能。
裏モノ
保通協の検定に合格した正規の台ではないものを指す。違法なプログラムを組み、ありえないハマリや連チャンを誘発する。
裏物
正規の機械に連チャンや、はまり等のプログラムを付け加えた台。ホール独自のバージョンや数多くの仕様がある。違法行為。
遅れ
リールスタート音が普段より遅れてなる演出。主にチェリー対応の演出として使われることが多く、発生すればチャンス。
遠隔操作
ホールが「大当たり」や「ハズレ」を離れた場所から操作する違法行為。摘発された場合は行政から営業停止などの厳しい処分を受ける。昔はこのような行為があったが現在のホールで行っているホールは皆無に等しい。
頭取り
ホール従業員が他店の稼働を調査する事。

か行

K
1000倍の意味があり、金額を表すために使う。1K=1000円、10K=10000円。読み方は「ケー」。
カウンター
コインを投入すると交換用レシートを発行するようになっており、「メダル計数機」・「メタコン」ともいいます。
カニ歩き
主にパチスロのプレイヤーが扱う言葉で、次から次へと台を移動する事を指す。カニのようにシマを横に横に移動する様から名づけられた。
ガセ
小役の取りこぼしなどで出るリーチ目、チャンス目。ボーナスが成立していなかったリーチ目、フラッシュなど。
ガセ目
リーチ目のような目だけれど、本当は小役を取り損ねたりしたために出た目のこと。
ギミック
役モノの仕掛け。各メーカー趣向を凝らしたモノが多く、時には出たり時には回ったりと様々な仕掛けとなる。
クセ
パチンコ台についている役モノや飾りの個体差の事。同一機種での釘調整でもクセによって回転率が変化する。なお、クセが良い台の事を「クセ良し台」という。
クルーン
皿のような形をして1~3個の穴が開いている部品の事。主に入賞の障害となる役割を持つ。
クレジットオフ
通称「クレオフ」。BIG終了後に勝手に全てのメダルが払い出される事。イベントなど使用される事がある。
グランドオープン
ホールが新規にオープンする事。オープン時は固定客を掴むため、ホールが甘めの調整をして来る事が多い。
ゲチェナ
右リール下段・チェリー付き7を略したもの。小役が成立しない状態でこの目が出ると「リーチ目」や「確定」となる機種が多かったことからこう呼ばれている。
ゲージ
パチンコ台の盤面に打たれた釘の配列のこと。
コイン
パチスロをプレイする時に使うもの。メダルとも言う。
コインサンド
お金を入れてコインを貸し出す機械。以前は1000円札しか入らなかったが、最近では全金種対応のものが増えている。
コインジェット
コインを計数する機械。ジェットカウンターとも言う。
コイン持ち
良く回るか回らないかを表現する言葉。良く回るとコイン持ちが良い、回らない場合はコイン持ちが悪いという使い方をする。一般的に1000円あたりの平均ゲーム数を基準にすることが多い。
ゴト行為
不正な手段を用いて出玉を獲得する行為。語源は「仕事」のゴトから来ているらしい。
ゴム打ち
右打ちの別称。ハンドルを全開に回すこと。
切れ目
リールのつなぎ目。リールに貼られている絵柄シートの貼りしろ部分。切れ目を利用して目押しする事も可能。
告知

ボーナスフラグや小役フラグの成立を音・光・液晶・ドット等で知らせる機能。機種により異なる。
固定ハンドル
コインなどを用いてハンドルを固定して遊戯する事。ホールによっては禁止しているところもある。
完全ハズレ
内部的に何の役にも当選していない状態のこと
完全告知
ボーナス成立ゲームで、必ず告知をすること。
小当り
大当り確率とは別抽選の「当り」。2R確変のダミーとして使われる事が多い。
小役
成立して揃えると払い出しがある役。
小役カウンター
通常プレイで小役が偏って出現しないようにする機能。小役が揃わない状態が続くと小役確率を上げ揃いやすくし、多い場合は確率を下げて揃いにくくして払い出しを一定に保つ様にする内部的機能。
小役ゲーム
BIG中の3枚掛けでプレイするゲームの状態。
技術介入
技術を駆使して、収支・勝率をアップさせること。主にパチスロなら目押しによるコイン持ちアップ。パチンコなら止め打ちどを刺す。
掛け持ち遊技
1人の客が2台以上の台を占有し遊技すること。現在多くのホールで禁止されている。
換金率
1枚20円で借りたコインを換金する時のレート。等価交換の場合は5枚で100円。6枚交換の場合は6枚で100円など。
期待収支
内部確率通りに大当りやボーナスを引いた際に期待出来る収支のこと。
木の葉積み
パチスロのコインを木の葉を立てたようにドル箱に詰めること。
検定
メーカー関係者が公安委員会に申請するもので、検定の有効期間は3年とされている。
権利モノ
パチンコの1ジャンル。一度大当りするとその連チャンの権利をもらえる機種。
機械割
投入したコインに対して、払い出されるであろうコインの割合をシミュレートにより算出した数値。100%以上ならば、コインは増える計算となる。
減算値
コイン1枚に対して小役カウンタから減算される値。
獲得枚数
BIGボーナス、またはREGボーナスで得られたコインの総数。
確変
確率変動の略称。大当り確率が格段と高くなる場合がほとんど。
確変ストッパー
大当り確率が大幅にあがる確変中に、ストッパーで当ると確変が終了してしまう演出。忌み嫌われる事多し。
確変ランプ
盤面のある場所が光ると確変状態に突入するポイント。液晶上からは察知する事が難しい反面そこを見ればバッチリ分かる事も?

空回し
ストップボタンを押さずに自動的にリールが停止するのを待つ事。
筐体
パチンコ及びパチスロの台の事。
解析
パチンコ・パチスロのプログラム情報を読み込み抽選確率などを調べること。
辛い
甘いの反対の意味で、勝つ為に厳しい状態の事をさす。また厳しい営業形態や厳しい機械割など幅広い用途で使われる言葉。
釘師
釘調整を行うプロのこと。現在ではフリーの釘師は減っており、ホール関係者が行う場合が多い。
開店プロ
新装開店のみを狙って打つプロ。特に技術を要するわけではないので誰でもなれる。
~号機
パチスロ機の世代。規則が変わると呼び名が変わる。2019年現在は5号機。

さ行

CT
チャレンジタイムの略称。特定プレイ数もしくは特定純増枚数に達する、BIGフラグが成立するまで特定のリール制御通りに停止し、目押しによって小役が任意で揃える事が出来る
JACゲーム
BIG中のボーナスゲームのこと。
JACパンク
ボナスゲーム中規定回数分入賞しないままJACゲームが終了してしまうこと。
SIN
シングルボーナスの略語。他のボーナス中以外はJACゲームを1回行うことが出来る。また最近の5号機では2択SINなどで、特定のSINを回避する事でARTやRTを延命したりするための機能として備わっている。
サクラ
良釘台、高設定を関係者に打たせることで出ているように見せ、客寄せをする。
サブデジタル
大当り・ハズレとは直接関係のないデジタル。電チューが開放するか否かを決定する。
サンド
台と台の間にある、玉を貸し出す機械の事。
シフト持越し
BIG中などでJACINをハズシてもフラグが消滅せず、内部に貯めておいて(普通は1つ)好きな時に揃えられる。BIG中の最終ゲームに揃えるのが一般的。
シマ
通路等で仕切られた1列分のこと。
シミュレート
プログラム上に仮想パチンコ台を作りだす。その際に既定の試行回数を設定することで最大値まで算出する事が出来る事。
シングルボーナス
1回のJACゲームが行われる役のこと。
ジェットカウンター
出玉を計測する機器の事。
ジャンプ釘
ヘソの両端にある1本釘のことで、ここに当った玉がジャンプし、ヘソへの入賞をアシストする。
ステージ
メインデジタルの下側にあり、機種によってはヘソへの重要な入賞経路となる。
ストック機能
成立したボーナスを内部で一時貯留しておく機能。特定の条件により、まとめて放出し意図的な連チャンを演出する。
スベリ
リールがストップボタンを押した位置からズレて停止すること。
スペック
パチンコ・パチスロの大当りやボーナス確率、機械割など全体的性能のこと。
スランプグラフ
台における出玉挙動をグラフで表示したもの。データランプから読み取る事が出来ない情報(ハマリG数)を確認する事が可能。
スルー
スルーチャッカーの略。入賞穴とはならずにそこを通過する事で電チュー開放抽選を行う。
セグ
セグメントの略で、パチンコ台の盤面に設置されたデジタルのこと。7本の棒が8の字型に配置され、それぞれが点灯・消灯することによって0~9の数字やアルファベットなどを表示する。

セット打法
一般的に一部の裏物のみ通用する大当たり強制打法など。投入枚数、時間、押し順など特定な打ち方で強制的にフラグを立たせる打法。裏基盤開発者の仕組みや、ゴトによる不正ロムなどを取り付けた台のみ通用するのが一般的。あらかじめ手順を仕組んである台のみなので全ての台に通用しない。
セル
セルロイドの略で、釘や役モノなどが打ち込まれた絵が描かれている部分。
先告知
完全告知機などでレバーを叩いた瞬間に何らかの告知が発生する事。ジャグラーならレバーON→GOGOランプ点灯を指す。
再プレイ
貯玉した玉を引き出して再度プレイする事。換金率が低い店(3円交換など)では手数料がかかる場合がある。
時短
デジタルの回転時間が短縮されると共に、電サポが作動することにより玉持ちがアップする。
潜伏
ARTなどが当選から告知されるまでの区間のこと。
状態
一般的に裏物の連チャン中を示す。又ははまりが無く出っ放し(特定の集中役など)になっている状況など。
社会的不適合機
数珠つなぎ連チャンや保留玉連チャン等、射幸心を煽る遊技機。
純ハズレ
内部的に何の役にも当選していない状態。
純増枚数
得られた出玉から、投入した出玉を差し引いた枚数。機種の平均獲得枚数はこの数値を用いる事が多い。
設定
パチスロの出玉率を調整するもの。6段階が主流で、高くなるほどボーナス確率などが優遇される。
賞球
各入賞口に玉が入った際に払い出される玉のこと。
雀球
パチスロのメダルで玉を発射させて遊ぶ台。メダル持ちが良く1000円で1時間は楽しめる。
順押し
左リール→中リール→右リールの順番にリールを止める一般的な打ち方。

た行

DDT
小役を取りこぼさない様に打つ打法。KKKと言う場合もある。
チャンス目
1枚役などを取りこぼした場合に停止する出目。機種によって差はあるが、ボーナスやART当選などに期待できる。
テンパイ
停止した2つのリール上において、同じ絵柄が有効ライン上に並んでいること。
取りこぼし
成立した役を、そのプレイで揃えられなかったこと。通常フラグの持ち越しはBIG・REGのみなので、小役は取りこぼすとコインを損することになる。
同一フラグ
1つの役に対して2つ以上どちらの絵柄でも払い出しを得られる役。
天井
一定ゲーム数まで回す等の条件を満たすと発動する救済機能。天井搭載機種の多くがARTやRTなどに突入し、機種によっては多大な恩恵を受けられることもある。
貯玉
獲得したコインやメダルを一時的にカードなどに貯める事。余り玉を貯めて景品と交換も可能。
通常時
ボーナスフラグが成立していない通常プレイのこと。
適当打ち
目押しを行わず、適当にストップボタンを押す行為。「フリー打ち」「オヤジ打ち」などと呼ばれる場合もある。
鉄板目
100%ボーナスフラグが成立しているリーチ目のことです
電チュー
電動チューリップの略。
~タイプ
パチスロの種別を示す。AタイプはBIG中のボーナスゲームが3回のもの、Bタイプは2回、Cタイプはボーナスゲームが無く集中役搭載。

な行

中押し
中リールを最初に停止させる打ち方。機種によっては成立役が見抜きやすくなるなどの利点もあるが、ペナルティが発生する機種もあるので注意。

は行

BADポイント
リール配列上引き込めるのに、制御によって引き込まない位置。
ハイエナ
他人がヤメた勝てる可能性が高い台を打つこと。
ハウス物
ホールが独自に裏物業者等で作らせた、その店独自バージョンのB物(裏物)のこと。
ハサミ打ち
ストップボタンを左→右→中の順番で押す打ち方。右→左→中の順に押す場合は「逆ハサミ打ち」という。
ハズレ目
ボーナスや小役が成立していない時に停止する出目。
ハマリ
大当りやボーナス、ARTなどが当たらずに、しばらく経過した状態。
バケ
REG(レギュラーボーナス)のこと。
パンク
ARTにパンク権利を持つ小役を入賞させると起こる現象。ARTは強制終了してしまうので注意すべし
ビタ押し
絵柄が狙い位置に来た時に1コマもずらさず押す打ち方。
ビタ止まり
絵柄がスベリを起こさず、ストップボタンを押した位置でそのまま停止すること。
フラグが立つ
何らかの役(大当たりなど)に当選すること。コインを投入し、スタートレバーを叩いた瞬間に役(大当たりなど)の抽選が行われる。目押しができても、フラグが立たないと絵柄は揃わない。一般的には大当たりフラグを指す場合が多い。
フラグの持ち越し
成立したフラグを成立ゲーム以降も消滅せず持ち越す事が出来る機能。
フラッシュ
バックライトを使っていろいろなパターンの点滅で告知演出する機能。
フルウエイト
パチスロでは1Gあたりの時間は4.1秒以上と規定があり、ウエイト機能(4.1秒経たないと次のゲームを開始しない)を常に作動させながら打つこと。
フルオープン
大当りラウンド中に、アタッカーや電チューの開放を入賞個数で閉じるのでは無く規定時間によって閉じてしまう機能
ボーナス
BIGボーナス、REGボーナスの総称。
ボーナス告知ランプ
ボーナス確定を告知するランプのこと。機種によって異なるが、最終的にここが点灯すればボーナス確定。
変則押し
順押し以外の変則的なリールの押し順のこと。
引き戻し
ARTなどが一度終了した後、すぐにまた当ること。
引き込み
できる限り揃えよう、出現させようとすべる制御。基本的に4コマ以内なら引き込む。

端玉(余り玉)
特殊景品に交換できない半端なコイン。

ま行

目押し
回転しているリールに描かれている特定絵柄を目で認識して停止させること。

や行

予告音
レバーを叩いた時に出るスタート音が通常の音とは異なるもの。この音により、プレイヤーのボーナスや小役への期待感を盛り上げるもので一種の演出。
呼び出しランプ
ホールの従業員を呼び出すためのランプを指す。コイン補給やコイン詰まりエラーなどのトラブル時にボタンを押すとランプが点灯する。

ら行

RAMクリア
内部で保存されている情報を初期化すること。設定変更とは異なる。
リセット
小役カウンタが0になっている状態。設定変更など。
リプレイ
揃うと前のゲームと同じBET枚数でプレイが可能になる。
リプレイタイム
略称=RT。通常時より大幅にリプレイ確率が上がりコインをあまり減らさずにプレイ出来る機能
リプレイハズシ
BIG中故意にJACK INを取りこぼして小役ゲームを引き伸ばす攻略法。
リーチ目
ボーナスが成立している時にしか出ない出目。機種によっていろいろな種類がある。
リール制御
リール上で成立小役を引き込んだり、逆にフラグの成立していない小役をずらして揃わないように停止させる事。
レグ
REG。レギュラーボーナスの事。
有効ライン
絵柄が揃ったとき有効になるライン。5ラインが主流だったが、最近では1ラインの機種なども多くある。
連チャン
ボーナス等が短いゲーム数の間に連続して出現する現象。

わ行

1確(イチカク)
1リール停止時にボーナス確定となること。左リール以外は「中リールの1確」「右リールの1確」とそれぞれのリールを指す。
ワイドリール
横幅が広いリール。
ワンパン
ボーナスゲームを1回しか行なえずに終了してしまうこと。イチパンとも言う。

 

「ペカ道場」をもっと知りたい方へ

CTA-IMAGE ペカ道場へ興味持たれ、学んでみたいとお考えの方はこちらの公式サイトで参加をお待ちしています。

セミナーカテゴリの最新記事