最新のお知らせ

ジャグラーはまり基準を判別するバロメーターを知る

ジャグラーはまり基準を判別するバロメーターを知る

ジャグラーに限らず遊技全般

パチンコ、スロットで必ず訪れるのが

「はまり」

厄介なもので、連チャン後必ずやってきます。

セットの様なもので、連チャンで払い出したコインを

回収する仕組み挙動が「はまり」です。

このはまりはどうしても確率を調整する為

必要なゲーム性となっていて

誰もが、

このはまりは深くない事を望むのですが

打ち手の希望通りに

訪れてくれませんし、

挙句の果てには、どこまで続くの?と

目を疑いたくなるような

「はまり」もありますね。

そこで今回の焦点は

ジャグラーの「はまりの判断」を

何を基準として見ていくか?

又、何故?

「はまりがあるのか?」

その「はまり」を

確認するバロメーターは何か?

この3点についてお話しして見ます。

ジャグラーの「はまりの判断」

皆さんは、何を基準として

ジャグラーのはまりを判断していますか?

多くの方は

「回転数」では無いでしょうか?

回転数から見たはまりは見た目のはまりで

結果表示を見てる事で間違いないのですが

もう少し、掘り下げて

ジャグラーを見て見ませんか?

ジャグラーのはまりの基準って

回転数は結果なのです。

大切な事ははまりの原理を

正しく理解する事です。

つまり、はまりの基準は原理を知ることです。

ジャグラーは何故?はまるのか?

どうして、厄介なはまりがあるのでしょうか?

考えた事ありませんか?

考える前に、打ちながら

バケも嫌ですよね・・

はまりも嫌ですよね…

バケとはまり無かったら

全部BIGで単発か連チャンです。

あり得ない事です。

だから単純明快にはまりがあるのです。

答えになりませんが(笑)

はまりは確率調整するために

ゲーム性として組み込まれた挙動なのです。

永遠とジャグラーはコインを払い出しません。

だから、払い出しすぎたらはまり、

はまり過ぎたらコインを払い出す。

これだけの事です。

「はまり」を確認するバロメーターは何か?

多くの方はジャグラーのはまりを

「回転数」から考察されてると思います。

つまり回転数が多ければ多いほど、

ジャグラーのはまりが深いと

見てると思います。

しかし、私の見方と考え方では

回転数は「結果」であるのです。

200回転までBIG1回分遊べますので

どうしても遊べる

1回分のコインを失うことからでしょうか?

200回転を超えていくと

確かに追い銭をして遊び、

次に光るまで追わなければなりませんね。

そうすると、

「はまり」=「回転数」

この回転数が多ければ、深ければ

「はまり」が深い。

この様に回転数で

「はまりを位置づけ」する事は

結果論で見たはまりの見方なのです。

間違いではありませんが。。。

はまりは、

ボーナス後の確率調整をする

ジャグラーの挙動です。

ここがポイントです。

「ボーナス後」ここがキーです。

実は深い回転数が

すべてはまりとは言えないのです。

では?何故?深い回転数と決めつけられないの?

ここは、確率を調整する為に

300枚払い出したら、

①200枚使用した時に光った、

又は、

②300枚超えて

400枚~500枚使用した時に光った。

①番2番のこの違いは解りますか?

①番の200枚は何回転位ですか?

大方150回転前後。

では、

世間一般で100G以内を

ジャグ連と言ってますよね

150G目でBIG引いたら何と言うのでしょうか?

150Gでバケでしたら何と言うのでしょうか?

ピンと感じた方はお判りだと思います。

ジャグラーはボーナス後

既に確立調整をする動きをしてるのです。

だから、

1G以降レバーを叩くと

何処かの回転数で、

払い出したコインを調整しながら

枚数調整を

「設定に応じた機械割」と

「周期」による総回転数の中で

調整作業をしてるだけの事です。

だから目先で見る「はまりの回転数」は

回転数が深い,浅い事は結果であり、

誰もが解るはまりの回転数表示なのです。

素人が見ても

ジャグラー知らない方が見ても

700回転何も挙動が無かったら

はまりが深いと見てしまいますよね。

回転数からはまり判断は間違いではありませんが

はまりの結果表示で

メーターを見てる事と同じなのです。

車のスピードメーターと同じです。

60キロのスピードと100キロでは

遅いのか?早いのか?

ジャグラーのはまりが

250回転が浅いのか?

600回転が深いのか?

同じ原理です。

だから原理を正しく理解出来れば

回転数から判断していた

「見方と考え方」も変わるはずです。

まとめ

ジャグラーはAタイプの機種です。

コインを増やしながら、減らしながら

最終積み上げたコインが多ければ勝ちとなるのです。

この原理から、

はまりは深い浅いと見るのでなく

既に1Gスタートした時点で

はまりは背中合わせで付きまとってる

ジャグラーの払い出しコインの確率を調整する

作業の一環であるという事です。

 

 

「ペカ道場」をもっと知りたい方へ

CTA-IMAGE ペカ道場へ興味持たれ、学んでみたいとお考えの方はこちらの公式サイトで参加をお待ちしています。

ジャグラー知識カテゴリの最新記事