最新のお知らせ

ギャンブル依存症対策遊技方向性考え相談行動とは?

ギャンブル依存症対策遊技方向性考え相談行動とは?

ジャグラーに限らず、

パチンコ、パチスロは遊技ですが

どうしても射幸性を煽られ

ギャンブルのカテゴリーとして

世の中、社会では否定的な立場です。

又、遊技は風俗営業としての位置づけで

風俗=エッチと

認識の相違もされがちです。

社会の仕組みで法律の許されてる範囲で

パチンコ店も営業許可(風俗)を取り

社会の中でエンターテーメントとして

違法な行為をせず、

健全に頑張ってる訳ですが、

遊技=ギャンブル

お金の流れの仕組みが

ギャンブル(公営)と違い、

直接現金を扱わない3点方式です。

賭け事なので、どうしても人間の心理を突いて

儲けたい、勝ちたい気持ちが

射幸性を煽られるのでしょう~

そうすると、

社会問題のギャンブル依存症は

国も、法律も、警察も射幸性を煽らない様に

メーカーの製造する、台&機械の方へ、

又は、営業してるパチンコ店へ

パソコンで言いましたらハード面の

パチンコメーカー、ホール側の方へ

射幸性を制御する様に改善を促してる様な

錯覚に陥てしまいます。

社会問題である

ギャンブル依存症はソフト面である人間へ

射幸性をなるべく煽らず

適度に遊べる様に

ハード面を改善する事で遊技の方向性を

変えてるのも事実では無いでしょうか?

どうしてソフト面の人間には改善出来ないの?

答えは、自己管理の部分で

国や、法律、警察、ホール、メーカーさんは

個人の問題なので直接関与が出来ないからです。

世の中矛盾してる様な絵図にもなっていませんか?

ハード面を規制してソフト面の規制は無し。

ソフト面の規制は自己管理&自己責任。

つまり、自分次第でどの様な方向でも

ベクトルは向いてしまうという事。

そうなれば、間違った方向性へ向かわない様に

正しい知識、認識、考え方と行動を身に着ける事。

仮に、間違った方向性へ走ってしまった場合の

対策と対処方法しか

ソフト面の私達には選択肢が無い事です。

ギャンブル正しい知識、認識、考え方と行動って?

焦点は、「勝ちたい、儲けたい」

人間の心理部分です。

遊技は、遊びで娯楽なのです。

駆け引きを楽しむのが遊技なのです。

賭け事なのでどうしても勝ち負けの勝敗が

答えとなりますね。

負ける事も、楽しむ事が出来る心境に

慣れないのが普通です。

どうしても「勝ち」を急ぎ

「勝ち」に拘るから、

「負け」が続くと我を忘れてしまいます。

パチンコ、パチスロ大好きな事はいいのですが

自己制御出来ない様に

脳みそコンピュターの

ネジが外れてしまいがちです。

どうしたら自己制御出来るのでしょうか?

遊技も賭け事で「勝ち」が

テーマですから勝ちたいなら、

正しい方向性の知識を身に着け、

勝てるように勉強すればいいのです。

遊技は、「遊ぶ」「技」の文字の組み合わせです。

どうしても世の中に「攻略」と言う

キャッチの情報があふれています。

中には違法性な物から、(体感器等)

転売して儲けようとする情報、

経験値だけで根拠ない情報、

信憑性の高いもの。

技を身に着ける事で100%攻略出来なくても

身に着けた「技」で遊び結果、

予想通りに展開出来たけれど

負けてしまった…

自分の身に着けた「技」で

勝ちに至らなくて

遊技攻略を思い通りここまで出来た。

展開通りに、途中まで上手くいっていたが

「負け」となっても

ゲーム性を楽しむ事

駆け引きを楽しむ事も

攻略ではないでしょうか?

自分の展開予測を

事前に研究、予習したり

調査、対策等考えたり、行動する事で

勝てなくても十分楽しめます。

想像も楽しみ方の1つです。

釣りで例えれば…

大物を釣ることを夢見たり想像しながら

対策練りませんか?

場所、道具、釣り場の状況、

潮、過去の釣果実績

大物釣った方の画像等見て

自分も、我こそは?って

想像しませんか?

例え、坊主であっても

餌代、食事代、交通費

道具代、渡船料等のお金は

自分が楽しむために使っています。

生活の1部で娯楽は必要です。

何か気分転換とリフレッシュする

方法論の1つが娯楽なのです。

カラオケ、ウインドショッピング、

ゴルフ、飲みに行く、等の方法も

娯楽なのです。

遊技も同じです。

ギャンブルは賭け事だから

勝てる事はあっても負ける事もあるのです。

だからこそ、

負ける事を前提条件として

負ける事も楽しむコツとして

駆け引きに負けた自覚を

身に着ける事は出来ないでしょうか?

楽しむコツこそ負ける事

何故なら、負けたら反省をするからです。

自分の技を磨く事に

楽しみを見出すことが出来るからです。

前提は「技」を持ってのお話しです。

技なしで、何も考えず

欲望だけの方は、自己管理も出来ませんし

欲望が前面に出て、学習意欲が無い状況です。

タダ、勝ちたい一心です。

勝ちたいなら「学ぶ」事です。

ここに気がついてない方も多いと思います。

負けが続いた場合どうすればいいの?

答えは簡単です。

しばらく控える事です。

しばらくと言うのは2~3日でなく

1か月以上頭を冷やす事です。

熱が出れば、治療が必要です。

微熱なら数日で体調回復するでしょうが、

インフルエンザ、ノロウイルス、レベルなら

通常2~3日で回復はしません。

ギャンブルの負けも同等で

脳みそを覚ます事には、環境を変える事です。

仕事に没頭して、

しばらくパチンコスロットを忘れ

気がついた時に

又、たまには

「遊んで見ようかな?」

「楽しみに行こうかな?」

この様な切り替えも必要ではに無いでしょうか?

今、ギャンブル依存症?ヤバイって感じてる方

ここでは、

ギャンブル依存症の方への救済措置を

施し、活動されてる

リカバリーサポート・ネットワーク様を

ご紹介致します。

パチンコ・パチスロの遊技に関する依存

及び依存関連問題解決の支援を行うことを

目的に設立された非営利の相談機関です。

問題でお悩みの方やそのご家族を対象に、

無料で電話相談を実施しています。
(通話料のみ、ご負担をお願いします)

 

リカバリーサポート・ネットワークとは?

全日本遊技事業協同組合連合会(以下全日遊連)が

2003年4月に発足させた

「依存症研究会(現ぱちんこ依存問題研究会)」の

議論から設立されました。

遊技業界が自らのめりこみ問題に取り組み、

社会に役立つサービスを提供するため、

2006年4月に第三者機関ぱちんこ依存問題相談機関

「リカバリーサポート・ネットワーク」が設立されました。

2009年10月に特定非営利活動法人、

2013年12月に認定特定非営利活動法人となり、

より公益性の高い活動を目指し、活動を行なっています。

会員募集

リカバリーサポート・ネットワークは、

活動趣旨・目的に賛同し、

わたしたちの活動の育成・発展に

協力していただける個人・企業および

団体の方々を入会対象としています。

<会員の権利>

正会員・賛助会員の方々には、

毎月ニューズレターをお送り致します。

正会員の方々には、

会員総会においての発言権、決議権があります。

 

<申し込み先>(リンク)

〒903-0125 

沖縄県中頭郡西原町上原2丁目9番地の1 ルボワYARA2F
リカバリーサポート・ネットワーク
TEL&FAX:098-871-9671

もし、ギャンブル問題で相談できる人がいない場合

こちらの機関も是非活用してください。

ペカ道場では、リカバリーサポート・ネットワーク様から

リンクの許可も頂き、

依存症で悩んでいる方を

一人でも多くサポートする為に

この様な認定特定非営利活動法人様を

ご紹介させて頂いています。

「ペカ道場」をもっと知りたい方へ

CTA-IMAGE ペカ道場へ興味持たれ、学んでみたいとお考えの方はこちらの公式サイトで参加をお待ちしています。

STOPギャンブル依存カテゴリの最新記事