最新のお知らせ

ジャグラー狙い方、勝ち方を知っておこう~

ジャグラー狙い方、勝ち方を知っておこう~

方法論(攻略)の根拠とは

私はジャグラーに勝っていく為に

攻略(ジャグラー狙い方、勝ち方)こそ

方法論(ジャグラー狙い方、勝ち方)の

根拠説明が出来て、

その根拠が正解だと言い切れる又は、

立証できる術が

攻略(ジャグラー狙い方、勝ち方)原点=知識だと思っています。

言い換えれば知識=ノウハウという事です。

私曰、根拠は、説明だけでなく、

原因を追究できた上で、正解を、数値であり、

又、他に立証できる結果、方法などを形で証拠として

見せる事、原理の仕組みを解析出来る事で、

正解を導くことが出来る方法が

根拠があると思っています。

つまり、「裏」が取れてる事です。

ジャグラーは

キタックさん

エンターテーメント先駆者としての専門家が

「遊技」と言う法律が認めてる中

会社理念、社会貢献度、

遊びもテーマに入れながら、

更にホールに儲けさせ利益が出る機種開発し、

客付きゲーム性まで考えた最高傑作品だと

私は感じています。

ここまで完成された商品です。

キタックさんのプログラマーも

優秀な方だと思います。

前置きはここまでとして

私が絶賛してるジャグラー君です。

こやつと勝負する訳です。

言い換えれば、私含め、一般の打ち手の方が

早々にこのプログラムを解析して

仕組みを100%理解出来ない限り

完璧なジャグラー攻略の答えは出ないと思っています。

全てはプログラミング化されてるゲームです。

ジャグラー狙い方、勝ち方を難しく考えない方が良い

攻略(ジャグラー狙い方、勝ち方)に対して

外部要因から分析したりするよりも

目先のジャグラーの行動を見た方が早いと思います。

目先と言うのは

「今からジャグラーがどう行動するのか?」

ここをポイントとして見ていくのです。

何故なら、外部要因は結果に対しての分析

結果は既に答えが出てる中での分析。

 

つまり、いくら検証しても過去の答えを

変更する事が出来ないから

予想と予測しか立てられません。

つまり事例の集合体で

確率の良い方法を見つける事が

外部要因から検証する方法論と感じてる私です。

目先は今起きてる起こってる現実に対する対処。

又は今からのどうなるのか?この対処。

大切なのは

今光ったボーナス。

「現実のBIG&RE

を見て、

対策&対処を

していけばいいだけではないでしょうか?

外部要因である結果の

グラフ、データーを見て、プログラム解析出来ますか?

設定の挙動もプログラムにより作動します。

プログラム解析出来てなのに

操作された設定で解り切った答えを断言出来ますか?

私は出来ません。

だから、

難しく考えず、結果から見る視点でなく、

現実を見て現実の対処が近道と考えてます。

対処方法が多すぎて

攻略(ジャグラー狙い方、勝ち方)は

永遠のテーマだと思っています。

ジャグラー攻略(ジャグラー狙い方、勝ち方)は

甘くないと言う事が言いたいのです。

この様な観点から

私は攻略(ジャグラー狙い方、勝ち方)でなく、

ジャグラー戦術と感じる様になりました。

その理由は、

ジャグラーを攻略するために

100%完璧な答えを発見できていない。

私の考え方は、

ジャグラーは打ち手に対して様々な手法を持ち

千手観音位の手を持っています。

つまり、打ち手我々に対して

勝たせない手段を数多く知ってる。

「終わり(キリ)が無い」考え方に変わりました。

この様に考えれば、

完璧な攻略(ジャグラー狙い方、勝ち方)等

プログラム解析できない限り皆無に等しい。

ジャグラーは

あの手この手で私達打ち手を悩ませます。

だから
こうすれば必ず、
あ~すれば必ずである
100%の答えを発見する事が難しい。

ここに原点が戻りました。

私が時間と労力とお金をいくらかけても

戦術が完璧でない!

自分を見つめ直して考えて見れば

ジャグラーが持ってる打ち手攻略に対して

どれだけ私が解析、分析できたか?

100%の自信はありません。

タダ、現状2年かけて、

新たに新しいノウハウ知識を習得出来た事も

間違いではありませんが、

更に日々ジャグラーと

向かい合わせで感じる事は

私の勉強不足とまだまだ、

謎の解明に対して

更なる学習が必要と感じてるこの頃です。

この様な理由から、

ジャグラー攻略を戦術と位置づけ

ジャグラーが無数に持ってる

打ち手攻略に対して

どれ位ジャグラーを

叩きのめし制覇できるのか?

このポイントを数多く発見できることが

100%に近づく事だと思います。

ジャグラーを最大限に虐め、

「わかったから沢山コインを払い出すよ」

と言わせたいのです。

この理想からしても、

天井の無い戦術解析に

邁進したいと考えた結果

この様な方向性となりました。

どこまでジャグラーと戦う戦術があるの?

私の解析分析できた戦術は

  1. 初当たり計算
  2. はまりの法則
  3. 規定数値から見る波の動き方
  4. 連チャンとはまりの原因
  5. 連チャンが訪れる回転数と終わりの回転数
  6. はまり方とはまりの回転数予測
  7. (ほぼ間違いありませんが、完璧な見方がまだあると感じてます)
  8. バケの謎、意味
  9. 合成確立の意味
  10. ボーナス回数と回転数の関係性
  11. GOGOランプが何故光る理論
  12. 言い換えれば光り続ける挙動の原因判明
  13. 連チャンの構造
  14. はまりに入るポイント解明。(ここは100%断言できます)
  15. ジャグラーの大まかな特性
  16. 波の伸び具合の判断基準数値判別。

大まかにこの様な感じです。

まだ細かく言えば私の戦術はありますが、

これ位にとどめて置きましょう~

ジャグラー戦術基本コースとは?

ジャグラーの

波の仕組みとジャグラーの動き方

を学んで頂きます。

ジャグラーは、毎回光るボーナスから

毎回動きが違います。

例えば、

バケを引いたらはまりと考えがちですが

バケ後、連チャンしたり、

バケ後、またバケであったり

バケ後、辞めようとした回転数から爆発したり

バケ後単発ではまったり‥

この様にボーナス後、

一定の決まった挙動が確約されません。

だからこそ、ジャグラーの動き方に先手を打ち

打ち手の私たちが

ジャグラーの動き方を予測&対処していくのです。

予測、対処していくには、

ジャグラーの仕組みを理解出来ないと

予測が立ちません。

  1. バケ後、連チャンしたり、
  2. バケ後、またバケであったり
  3. バケ後、辞めようとした回転数から爆発したり
  4. バケ後単発ではまったり‥

仮にこの事例で1番の

バケ後連チャンしたりする場合

どのタイミングで連チャンするのか?

ここが焦点です。

期待しながらレバーを叩いて

バケ後単発ではまったり‥

この様な経験は日常茶飯事ではありませんか?

その為に焦点を追究出来る為に

「ジャグラーの仕組みを知る」事が

重要ポイントとなるのです。

仕組みさえわかれば、

バケ後連チャンしたりする場合は

ジャグラーの波を構造分解してますから

私が分析出来てる戦術

連チャンが訪れる回転数と終わりの回転数(戦術)

この戦術に対処対策法を当てはめれば

目先のジャグラーの動き方が解る訳です。

だから対策と対処が大切な戦術となります。

バケ後連チャンしたりする場合
どのタイミングで連チャンするのか?

この対処、対策(戦術)を理解して頂く事となります。

一例の

バケ後、連チャンしたり、⇒何故なのか?
バケ後、またバケであったり⇒次はどうなるのか?
バケ後、辞めようとした回転数から爆発したり⇒いつなのか?
バケ後単発ではまったり‥の⇒どうしてなのか?

この様な課題に対する答え(戦術)を学ぶのです。

基本コースでは

簡易計算(暗算掛け算)によって回転数を導き出します。

この前提となるのは仕組みを理解出来てのお話しです。

(応用コースはペカ塾の計算書式で細かく計算します)

もしくはジャグラー自動計算アプリで

正確な回転数は解ります。

まず、ジャグラーの仕組みを知る為の

基本コースという事です。

このポイントが理解出来れば、

ジャグラーって

こんな構造なのか?

と言う事が判る様になりますし

構造さえ知ってしまえば、

バケ後、連チャンしたり、
バケ後、またバケであったり
バケ後、辞めようとした回転数から爆発したり
バケ後単発ではまったり‥

ホールでこの様な状況が訪れても

学んだ対処、対策(戦術)でジャグラーの動きに

先手を打ち、ジャグラーの挙動が未然に

解る様になりますから

私達打ち手が焦る必要も無く、

バケ後、はまるか❓って言う

タイミングまでを

導き出した数値(回転数)で

先読みすればいい訳で

その数値まで(回転数)まで

光らなかったら

バケ後、まだはまるのか❓

正確に解る様になったり

バケ後、ここまでで光らなかったら

連チャンする?しない?が解り、

狙った回転数で爆連すれば

ジャグラーに勝った気分にもなります。

相手が解れば、面白いですね。

又、設定に頼る必要性もなくなるのです。

設定が良い、悪いに左右されず

波はどんな設定でもあります。(当然です)

設定が良ければ確かにいい状況が続きますが

必ずはまりもあります。

悪い設定でも何処かで必ず連チャンと言う作業を

ジャグラーは行います。

この様に考えれば、

外部要因の設定を意識した

ジャグラー攻略(狙い方、勝ち方)でなく

ジャグラーは

波を作っていくマシーンですから

波そのものの構造(仕組み)を知れば

設定と言うワードを

意識する必要性が無くなります。

私は波を意識すればいいだけの事と

感じています。

次に大切なのは

ジャグラーの台選び

なるべく低投資で早くGOGOランプをペカらせて

見たいと思いませんか?

毎回1000円でしたら理想ですよね‥

1000円とは言い切れませんが、

なるべく数千円で光らせたい願望は誰もが持っています。

多くの方がこの課題(ジャグラー台選び)で

悩まれてると思います。

ジャグラー台選びで

悩み

  • 優秀台の特徴が知りたい、
  • グラフから見て出そうな台は…
  • ジャグラー時間帯(朝、昼、夜)で出そうな時間は?

キーワード

  • ジャグラーいい台の特徴
  • ジャグラー 台選び グラフ
  • ジャグラー 台選び 昼
  • ジャグラー台選び朝一

 

この様な悩みから検索キーワードに頼り

台選び情報を探されてる方も

多いのでは無いでしょうか?

ジャグラーの台選びは外部要因と内部要因で決まる。

外部要因とは?

結論から言いますと

①ホールの稼働状況(客入り)

  • ジャグラー 台選び 昼
  • ジャグラー台選び朝一

②台の稼働状況(周期、回転数)

  • ジャグラーいい台の特徴
  • ジャグラー 台選び グラフ

外部要因は操作出来ない状況の事です。

大まかに2つの要因があります。

内部要因とは?

①打ちたい勝ちたい欲望(メンタル)

自身の都合でホールへ向かう行動です。

②台選びの正しい選択方法(知識)

  • ジャグラーいい台の特徴
  • ジャグラー 台選び グラフ

内部要因は自分自身の行動と知識の事です。

この外部要因と内部要因がかみ合って初めて

優秀台を発見できるのです。

日頃の自分に置き換えれば

思い当たる事では無いでしょうか?

仕事をしてるので、仕事終わった時間しか行けない。

休みの日、午前中は用事があるからお昼から・・

ジャグラーの狙い目狙い台は

当日回数がかかって、回転数が上がって

確率がいい台。

スランプグラフを見ると、0地点に近づいてる。

丁度、大はまりがあったので底狙い。

バケ後、80回で捨ててるから120回まで回して見よう。

289回で捨てれてるから300回前半まで回して見よう。

当てはまりませんか?

ジャグラーの台選びで外部要因は変えれません。

自身の都合でホールへ行くわけですから

台の回転数を操作したり、今3000回転回ってるから

5000回転まで自動で回せないのか?

 

外部要因も大切な状況判断材料なので

お客が多い中、台は選択肢が少なくなります。

つまり自己都合で稼働状況は変えれないという事です。

今ある、現状の台の稼働状況(外部要因)と

内部要因である、自身の知識と行動で

全てが決まると言っても過言ではありません。

そこで基本コースでは、

改善できる内部要因を学んで頂きます。

ジャグラー台選びで何を学ぶの?

ジャグラーは私が分析出来てる

ある数値の関係性から

(注)ある基準となる数値を導き出すことが出来ます。

ペカ塾では(注)ある基準とは規定数値と言う総称です。

バケの謎、意味、

合成確立の意味、

はまりの法則辺りを

分析出来て無いと、低投資で光りやすい

ジャグラーの台選びは出来ません。

この規定数値の意味する所は合成確立の意味

波の伸び具合の判断基準数値判別

言った所でしょうか?

ジャグラーは規定数値外の台ですと

いくら光っても

その日終日はまりとお付き合い

する台となりますし、

この規定数値こそが、

光りやすいのか?

光らないとどうなるの?

この様な

ジャグラー台選びの為

計算して導き出す答え(規定数値)の

計算方法

規定数値から見る台の判断基準を学びます。

許容範囲の規定数値の場合どうなるのか?

このような許容範囲の台をペカ塾では基本台と言います。

ある一定の範囲位までしか

波の伸びしろの期待感は持てません。

獲得枚数は最大でも1500~2000枚

通常、1000枚前後から1300枚位

許容範囲以外でしたらどうなるの?

通常計算して導きだした数値外の台

ほぼ、くそ台と思ってもらっていいでしょう~

(応用編ではもっと台選びの選択肢が増えます)

それ位、ホール内に優秀台が少ない事実が

数値で解る様になります。

ここは内部要因で改善できる事です。

規定数値計算でこの事実を知ると

如何に今までが

あいまい、いい加減、「勘」に頼っていた

自問自答でき反省材料となるでしょう~

この様なジャグラーの台の見方を
出来るようになりますと
如何にホールに優秀台がす・く・な・い
と言う事が数値で台判別できるようになります。

 

ジャグラーの台選びは

外部要因と内部要因のコラボです。

基本コースのまとめ

基本コースでは大まかに

ジャグラーの仕組み(構造)

ジャグラーの台選び方がメインです。

その他、ノウハウに書いてない事を電話レクチャーで

学習して頂きます。

電話レクチャー内容

  • 初当たり計算(応用編)
  • はまりの法則
  • 規定数値から見る波の動き方
  • 連チャンとはまりの原因
  • 連チャンが訪れる回転数と終わりの回転数(簡易計算)
  • はまり方とはまりの回転数予測(簡易計算)
    (ほぼ間違いありませんが、完璧な見方がまだあると感じてます)
  • バケの謎、意味
  • 合成確立の意味
  • ボーナス回数と回転数の関係性
  • GOGOランプが何故光る理論
  • 言い換えれば光り続ける挙動の原因判明
  • 連チャンの構造
  • はまりに入るポイント解明。(ここは100%断言できます)
  • ジャグラーの大まかな特性
  • 波の伸び具合の判断基準数値判別。

応用コースとは

基本編コースに無い内容ですが、

基本編では数値を簡易計算(暗算)で導きます。

応用編は細かい回転数まで計算できます。

ここは、かなり重要で

簡易計算と、正確な計算では

数値の羅列が違ったりします。

正確な計算法を知ることで正確さが増すという事です。

又、台選びに関しては

基本編では優秀台は1つの発見方法。

くそ台は規定外の数値で判断できますが

この辺りの基本的な事は同じ内容ですが

それ以外の台選び方法を伝授しています。

又、大きな違いはジャグラー計算アプリの使用権。

自動計算アプリが使用できます。

基本編はジャグラー計算アプリは使用できません。

ジャグラー計算アプリの使用方法

ここまでが、ペカ塾の基本、応用編コースの解説です。

ノウハウは読む、見るだけでは頭に入りません。

その為にレクチャーと言う方法で更に

身体で知識を習得して頂きます。

参考記事

「ペカ道場」をもっと知りたい方へ

CTA-IMAGE ペカ道場へ興味持たれ、学んでみたいとお考えの方はこちらの公式サイトで参加をお待ちしています。

ペカ道場ご案内カテゴリの最新記事